夫婦善哉/Season2☆

Blade Chronicle のプレイ日記です。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エゲレスの宝剣  後編

Blade Chronicle 姫菊の日記

中編からの続きです。
物語 エゲレスの宝剣の顛末を書いております。

閲覧の際にはご注意くださいませ。


牢屋敷を走り抜け、再び八千矛へと帰って来た私たち。
急ぎ、平賀源内の屋敷へと向かいました。
折角心配して駆け付けたというのに、源内さんは私たちの顔を見るなり……

御無事でなにより……?

遅かったですね……って他に言うことはございませんの!?
(あ、衣装が変わっているのは……大人の事情でございます)

ところで源内さん、アリスさんは本当に妖物なのですか? 私はとても信じたくないのですが……。

現在、天豊に蔓延しつつある流行病。それは「人の妖物化」なのだそうです。
アリスさんはその病にかかり、半ば妖物化しかけていたのだとか……。
しかし、源内さんの次の言葉に私は凍りつきました。

何ですって!?

薬……?
では、アリスさんに私が飲ませた薬は病を治す為のものではなく、妖物にする為の薬だったということですか……!?

人道から外れた行為だと思いませんの!? どうしてそんなに誇らしげなのですか。
そういえばこの人の弟子も並次さんの親友に妖物の腕を移植したのでした……。やはり弟子が弟子なら師も師。この方々の考えはとても理解できそうにありません。

急がねば……!

こうなったら一刻も早く遠海へ行かねばなりません。
アリスさんを止めなければ……!

急いで突撃隊詰所に向かいました。どうやらアリスさんはすでにここに着いているようです。
隊長の部屋からは何やら話し声が聞こえます。
「姫菊を私の仲間に欲しいのだけれど……」これはアリスさんの声です。
「姫菊が望むなら、騎士団に出向って形にしてやってもいいぜ」
……隊長、即答しないでください。ちょっとは迷うそぶりを見せて下さってもいいのではないでしょうか。
「姫菊の意志もあなたの許可も、必要ないの」
アリスさんのその言葉の中に、不穏な響きを感じ取った如月さんが抜刀したのと、私が部屋に駆け込んだのはほぼ同時だったかと思います。

「早かったじゃない」
アリスさんも物言う刀を抜いたまま私に話しかけてきます。
「そんなにこいつらが大事なの?」

両方です!
「それとも、自分の所為で人が死ぬのが嫌なだけ?」

隊長や如月さんをはじめ、突撃隊の皆さんは私の大切な仲間です。
そんな方々が傷つくところを、私は見たくないだけです。

「どちらにしろ、貴方が邪魔をするなら殺せないわね。……ねえ知ってる? 生きながら焼かれるのってとっても苦しいのよ? あの洞窟で焼かれた時のようにね……」
そんな謎めいた言葉を残してアリスさんは消えてしまいました。

洞窟といえば、十郷村にあった洞窟を思い出します。あそこに生えていたカビが、流行病の元凶だと聞きました。その流行病が「人が妖物になる」というあの病だったのでしょうか。しかし、生きながら焼かれるとは……一体?
もしや十郷村のその前に流行病にかかった村のことでしょうか。確かその村は焼き払われたのだと記憶しています。村人を数人残したまま……。
しかしそれがアリスさんにどう関係してくるのでしょう。分からぬことだらけです……。

何はともあれ、アリスさんが妖物となってしまったこと。そして彼女が天豊の民を皆殺しにしようとしていることを隊長に報告しました。
しかし隊長は「いくら妖物になったとは言ってもアリス一人で天豊を滅ぼせるわけねえよ」とおっしゃいます。

隊長までそんなことを・・・!

隊長までそんなことを……。あの刀にはやはりなにか魔力のようなものでもあるのでしょうか。
隊長、私はアリスさんを助けたいんです! あの方を人に戻してさしあげたい……。
しかしそれは無理なことなのでしょうか? 
隊長は妖物になってしまった以上殺すしかないのだと言います。

とにかく、アリスさんに対抗するためにも東を目指せと言われました。なんでも凄腕の刀鍛冶がいるのだとか……。

そうですね……。物言う刀に対抗するにはもっと力をつけなければ……。
それにまだ見ぬ土地に、妖物を人へと戻す方法を知る人がいるやもしれません。

アリスさん、私……楽しみにしているんです。あなたに淹れていただくミルク入りの紅茶のことを。
いつかきっと約束を果たしてくださいね!
その為にも私、きっとあなたを救ってみせます!


最後になりましたが深夜にも関わらずPTを組んでくださった皆様、本当にありがとうございました。
よろしければまた一緒に遊んでくださいね!

*****************
ランキングに参加しています
ブレイドクロニクルランキング
よろしければ押してやってくださいませ


テーマ:Blade Chronicle
ジャンル:オンラインゲーム

コメントの投稿

Secret

comment

プロフィール

姫菊

Author:姫菊
MURASAME鯖にてまったりプレイしていました。鯖統合で出戻りました。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。